『ふくらみ』が気になる

気になりだすと日に日に目立つように感じてしまう目の下のふくらみ。加齢とともにより顕著に現れはじめるケースもあれば、若くても目立つケースもあります。ここでは、目の下が膨らむ(目袋ができる)原因やおすすめの治療法について解説します。

目の下が膨らむ(目袋ができる)原因

目の下が膨らむ原因は、以下にあげた要素が関係しています。

  1. もともとの眼窩脂肪の量
  2. ほほ骨、ミッドチークの高さ
  3. 眼輪筋の衰え

この「目袋」と呼ばれることもある目の下にできるふくらみの正体は、眼球を包んでいる「眼窩脂肪」(がんかしぼう)という脂肪です。

目の下のふくらみの原因は、ハンモックのように眼球をささえている靱帯が衰えて伸びた状態になり、眼球の下にある眼窩脂肪が眼球の重みで圧迫されて前に出たものですが、この眼窩脂肪は人によって量が違います。

この眼窩脂肪の量が多く、ほほ骨、ミッドチークが低い人は、加齢とともに眼輪筋も衰えふくらみがより目立ち始めます。また、若くても目の下のたるみに悩まされている人がいますが、この場合先天的な要因(ほほの骨が低い、眼窩脂肪の量が多いこと)がつよい為と考えられます。

目の下のふくらみ(目袋)の対策方法

「目のしたのふくらみは気になるけれど、美容クリニックは敷居が高そう…」とか、「手術とかそこまでしなくても…」と考えて、自宅で簡単にできる、目の下のセルフケアですませている人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、「色々な方法を試したけどダメだった」「かえって目立つようになった」という人もいるかもしれませんね。目の下のふくらみを解消しようと思ったら、セルフケアでは難しいのが現状です。そのまま放置しておけば、加齢とともに脂肪のふくらみはどんどん目立つようになります。そこで、目の下のふくらみを改善するために、美容クリニックで行われている代表的な施術を紹介します。

美容クリニックで受けられる治療を紹介

  1. 脱脂法…余分な眼窩脂肪を切除
  2. 下眼瞼除皺術…皮膚と余分な眼窩脂肪を切除
  3. ハムラ法…皮膚を切開し、余分な眼窩脂肪を目の下の凹みに移動

これらは、一般的に美容外科、クリニックで行われている目の下のふくらみを取り除く外科的手術です。しかし、このような皮膚を切開する施術には、ダウンタイムや腫れがつきものです。また、目の下の皮膚は薄くとても繊細であるからこそ、医師の技術が必要とされます。ひとそれぞれの目のふくらみにあわせた施術を行うことが重要なのです。

近藤惣一郎医師
SOグレイスクリニック御殿山 Dr.近藤惣一郎が解説!目の下の治療はとても繊細です。脂肪をとればよいといった単純なものではありません。

美容クリニックなら、どこでも同じという訳ではありません。目の下のふくらみができている原因は、人によって違います。ひとりひとり、体質も顔の骨格も違うのですから目の下のふくらみも、土台となる骨の高さや位置、脂肪の全てが違うのです。

目の下の余分な脂肪を取り除けばよいといった単純な施術だけでは、患者さんの悩みは解消されません。その患者さんの目の下のたるみ・ふくらみの本当の原因を知り、それにあった正しい治療をすることが重要なのです。

SOグレイスクリニックでは、できる限り患者さんの負担を軽くしつつも、効果がわかる治療を提供しています。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング