『しわ』が気になる

実年齢よりも老けて見えてしまう目の下のたるみとしわ。歳のせいだからとあきらめている人や原因がわからずに悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。ここでは、目の下のたるみとしわの原因について解説します。

目の下のたるみとしわの原因

目の下のたるみとしわの主な原因は以下が考えられます。

  1. ほほの骨が低いことにより、中顔面のお肉が下垂しやすい
  2. 眼窩脂肪の量が多いことで、加齢とともにたるみがより強調される
  3. 眼輪筋の衰えにより、眼窩脂肪が前に押し出される
  4. 加齢に伴い、顔全体の皮膚がたるむ
  5. ハリや潤いに欠かせない、コラーゲンエラスチンなどの減少
  6. 紫外線のダメージによるもの

若いころはそこまで感じることはなかった顔の老化現象は、30代からより顕著に現れはじめます。皮膚には元々、弾力やハリがありますが、この弾力やハリを維持している線維芽細胞、コラーゲン、エラスチンは30代から急激に減少するといわれています。

さらに、これまで浴び続けた紫外線の影響も大きいのも事実。紫外線は肌の奥へダメージを与えるため、その結果皮膚は、しわができやすい状態になります。また、クレンジング力の強い洗浄力も皮膚へダメージを与えています。

日々普通に過ごしていくだけでも、知らず知らずのうちに肌はこのように外部からのダメージを受け続けているのです。こうした小さな積み重ねのなか、皮膚が乾燥したり、潤いを失ってやがては、しわやたるみを引き起こす原因となっていくのです。

では、筋肉の衰えはどうでしょうか。

実は、表情筋という顔の筋肉は、実年齢に関係なく気づかないうちに老化が進むといわれているため、想像以上に衰えているということも多いのです。特に表情が少ない人やスマートフォンの長時間利用、姿勢の悪さなどに心当たりのある方は注意が必要です。

そんな表情筋のなかで眼球を支えている筋肉が衰えると、目の下にある脂肪を支えきれなくなり、脂肪が前に突出して目の下のたるみとなってしまうのです。ただ、年齢が若くても先天的な理由で目の下のたるみが目立つケースもあります。目の下のたるみが目立つ原因について詳しく知りたい方はこちらのページで解説しています。

目の下のたるみとしわの対策方法

目の下のたるみやしわを改善するために、美容クリニックで行われている施術のうち、代表的なものには次のようなものがあります。

  1. 美容外科的手術でたるみやしわを取り除く
  2. ハリや糸でリフトアップする
  3. 超音波などの機械を照射する
  4. 注射でヒアルロン酸などを注入する 

もちろん、目の下にたるみやしわができないように、日頃から正しい手入れを心がけることは大切ですが、お肌の衰えはどうしても止められないものです。確実な効果が欲しければ、美容クリニックに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。目の下のたるみ治療の種類や各治療の費用相場などはこちらで詳しく紹介しています。

近藤惣一郎医師
SOグレイスクリニック御殿山 Dr.近藤惣一郎SOグレイスクリニックでは、切らない目の下のたるみ治療を行っています。

「美容外科手術で永久的な効果が欲しいけど、切るのは怖いし…」と悩んでいる女性は多くいらっしゃるのではないでしょうか。目の下のたるみやしわは、それだけで女性のお顔の印象を大きく変えてしまいます。

少しでも多くの方の悩みを解消できればと思い、SOグレイスクリニックでは、安易にお顔の皮膚を切開することはせず、ダウンタイムも比較的短い切らない目の下のたるみ治療を行なっています。実際のカウンセリングから施術、アフターケアなどの相談も全て院長である私が行っていますので、気軽になんでもご相談ください。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング