TOP » なぜ?加齢とともに目立つ目の下のたるみの原因&対策方法

なぜ?加齢とともに目立つ目の下のたるみの原因&対策方法

年を重ねるにつれて、あらわれてくる顔のたるみ。その中でも、人に老けた印象を与えがちな「目元の老化」は顕著です。ここでは、年代別で目の下にたるみやクマができる原因や対策方法を解説します。各年代ごとで詳しく紹介しているので、ぞれぞれのページをチェックしてみてくださいね。

「20代」であらわれる目の下の症状

実は若い20代の人でも、目元のふくらみやクマを気にする人は多いのではないでしょうか?実は、20代のクマの原因は、先天的な要因が関係しています。もともと、生まれつき目の下の脂肪が多い、少ない、ホホの骨の位置の高さで目元の悩みがあらわれてくる年代に差が出る傾向にあります。

「30代」であらわれる目の下の症状

30代は、目元以外に顔全体のたるみが目につくようになってきます。加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少するのに加え、肌のターンオーバーも乱れ始めます。

ターンオーバーが乱れると、メラニンが沈着したり、肌の水分量が減ってくるので、顔全体にハリがなくなり、20代の頃の透明感も薄れ、どうしても疲れている印象になりがち…。 もともとあった先天的な要因に加え、加齢により目のたるみやふくらみが目立ちはじめるのがちょうど30代なのです。

「40代」であらわれる目の下の症状

40代になるとさらに、目の下のたるみやクマが目立つようになっていきます。もともとのほほの骨の高さや脂肪の多さが原因なのですが、加齢とともに、表情筋も衰えることで、より目の下のへこみやたるみが強調されます。

意外と勘違いしている方が多いのですが、目元のたるみがなくなれば昔のように若返ると思っていませんか?自然な若々しい目元を実現するには目の下のたるみだけ解消すればよいのではありません。ここでは、40代の目の下のたるみや凹みの原因について解説します。

「50代以上」であらわれる目の下の症状

40代の頃よりもさらに、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少し、顔の筋肉も衰えていきます。 50代以上になると今までの受けた肌へのダメージもあり、お肌もくすみハリがさらになくなってきます。

また、もともとのホホの骨の高さが低い方は、高い方に比べてたるみや凹みがあきらかに強くあらわれてきます。ここでは、50代の目の下のたるみや凹みの原因について解説します。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング