50代以上

加齢によるたるみがより顕著になる50代、60代。いつまでも若々しくいるために、目の下のたるみの症状や原因を知ることは大切です。ここでは、目元のたるみの原因や自然な若返りを取り戻すにはどうすればよいのか解説します。

近藤惣一郎
SOグレイスクリニック御殿山 Dr.近藤惣一郎が解説50代の目の下のたるみの原因は、複数の要因が混在しています。

他の年代と同様に、もともと生まれつき持っている先天的な要因2つ「頬の骨の高さ・眼窩脂肪の量」と加齢による後天的な要因が重なり、50代以降ではより目の下のたるみやくぼみが強調されます。

50代の目の下のたるみやクマの原因とは?

先天的な要因+後天的な要因が関係している

目の下のたるみが起こる原因にはいくつかの理由がありますが、どの年代でも共通して言える大きな要因は以下の2つ。

  1. ほほの内側の骨の高さ=ミッドチークの骨の高さ
  2. 生まれつき持っている「目の下の脂肪の量」

どちらも生まれつきもっているもので、歳をとったから変わるものではなく、目の下のたるみやクマの先天的な要因になります。まず、頬骨の高さが目の下のたるみにどのように関係するのか解説します。

ミッドチークの骨(頬の内側の骨)高さと目のたるみの関係

  • ミッドチークが高い人→そこまでほほのお肉が垂れないので、目の下のたるみが出づらい
  • ミッドチークが低い人→ほほのお肉が下がりやすい、その結果、くぼみ・凹みが目立つ

外国人と日本人の顔のほりの深さ骨格が違うように、日本人同士でも顔の骨格や土台は人それぞれ。頬の骨が高い人もいれば、低い人もいます。この頬の内側の骨の高さ、つまり、ミッドチークの高さの違いによって、目の下のたるみが目立つ方と目立たない方に分かれます。

生まれつき持っている目の下の脂肪の量と目の下のたるみの関係

  • もともと脂肪が多い人→加齢とともに、たるみが目立つ
  • もともと脂肪が少ない人→加齢とともに、凹みが目立つ、クマやくぼみの線が目立つ

さらに、目の下のたるみやくまで悩んでいる方の主な原因は「脂肪の量」です。もともとある脂肪の量が多いか、少ないかで、目元にあらわれる症状が異なってきます。

重要なのは「顔の土台とその上にのっているお肉」です。目の下のふくらみやたるみが目立つのは、ただ脂肪や皮膚が余っているからではありません。頬の骨の上にのっているお肉が、加齢とともに下にさがることで、目の下のたるみや凹み、クマをより際立たせてしまうのです。

加齢により、中顔面のお肉が垂れる

目の下のたるみで悩む50代の女性

残念なことに50代、60代では、脂肪を支える表情の筋肉が衰えてくるので、皮膚を支えることができなくなり、ますます中顔面の全体のお肉もさがる一方です。

その結果、脂肪の多い人は目の下のたるみやふくらみ、脂肪が少ない方は凹みが目立ち、実際の年齢より老けた印象や疲れている印象を与えてしまうのです。

では、一体どうしたら目の下のたるみやクマ、疲れてみえる顔を若返らせることができるのでしょうか。

その方法を知りたい方はこちらを要チェック!たるみ治療の経験豊富なドクター近藤がこちらのページで詳しく解説しています。

Doctor近藤が解説!
目の下のたるみの原因と最適な治療法とは?

50代・60代で現れる、目の下のたるみの症状は?

肌のツヤ感やハリが失われていく

50代、60代になると、加齢による肌の老化が目立つようになってきます。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなど、肌にハリや弾力をもたらしてくれる成分が減少していくことで、お肌から若々しさが消えていきます。

肌の潤いがなくなることで、ツヤを失い、シワが目立ち、顔の筋肉が衰えることで、目元のしわやたるみがより助長されます。さらに、目の下から頬にかけてもたるみが出ることで、ゴルゴラインなどもより強くなっていくのです…。

目の周りの筋肉や眼球を支える筋肉も衰える

50代、60代になると、目の下や涙袋の下に、ぷよぷよしたふくらみを気にする人が多くなるのですが、これは目袋と呼ばれるものです。この目袋は、若い人でもできることがありますが、ミッドチークが低く、脂肪が多い人は加齢とともに、ますます目立つようになるので、これ以上ひどくなる前に目の下のたるみ治療をすることをおすすめします。

目元の凹みやクマ、法令線が目立つ

たるみだけでなく、目の下のクマも、50代以上の人にとっては悩みの種。目の下にクマがあると、周りに不健康なイメージを与えたり、年齢よりも増えて見られてしまいがち…。

目の下のクマも、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少することでも生じますが、目の下の脂肪のふくらみが影になってクマのように見えるケース、目の下の凹みが目立ってクマに見えるケースがあります。

この他にも、自律神経が乱れると血流が悪くなり、血行不良を起こします。すると血液中の酸素が不足して変色するため、クマとしてあらわれるようになるケースや 年齢を重ねることで新陳代謝が低下、ターンオーバーが滞り、シミやクマの原因になるメラニンが排出しづらくなり、くすみやクマが目立ちやすくなるとも考えられています。

気を付けたい生活習慣

バランスのよい食事をこころがける

バランスの悪い食事は、栄養不足を招き、お肌のターンオーバーをさらに遅らせます。すると、コラーゲンやエラスチンも不足し、肌のハリが失われてたるみを助長します。 年齢とともに、食事の量が減ったという場合はとくに、1回の食事でバランスよく栄養を摂取できるように気を配りましょう。

曇りでも、紫外線対策も怠らない

普段毎日のようにあびている、紫外線もたるみを招く原因となります。

「いまさらケアしたって…」と思わずに、明日、1カ月後、1年後の自分のために、しっかりと紫外線対策をすることが重要です。紫外線ケアは日差しの強い夏や晴れている日に限らず、毎日行ないましょう。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング