40代

40代になると、目の下のたるみやクマに悩む人はますます増えてくるのではないでしょうか。ここでは、40代で目立つたるみの症状と原因、避けたほうが良い生活習慣について紹介します。

近藤惣一郎医師
SOグレイスクリニック御殿山 Dr.近藤惣一郎が解説40代の目の下のたるみやクマは、複数の要因が混在しています。

40代であらわれる目の下のたるみやクマの原因も、基本的には20代、30代の原因と同じで主に2つ。ただ、そこに「加齢」による他の症状が加わることで、よりたるみやクマが目立ちはじめるのです。

40代の目の下のたるみやクマの原因とは?

複数の要因が混在している

40代であらわれる目の下のたるみやクマの原因も、基本的には20代、30代の原因と同じです。まず、全ての年代に共通して言える、主な原因は以下の2つ。

  1. ほほの内側の骨の高さ=ミッドチークの骨の高さ
  2. 生まれつき持っている「目の下の脂肪の量」

では、これらの2つの要因が目の下のたるみやクマとどのように関係しているのかを紹介します。

「ミッドチークの骨の高さ(頬の内側の骨の高さ)」と目のたるみの関係

顔の骨格、土台は生まれつき様々です。その為、ミッドチークの高さも千差万別。もともとミッドチークが高い人もいれば、低い人もいます。このミッドチークの骨の高さによって、現れる目元の症状は以下の通り。

  • ミッドチークが高い人→そこまでほほのお肉が垂れないので、目の下のたるみが出づらい
  • ミッドチークが低い人→ほほのお肉が下がりやすい、その結果、くぼみ・凹みが目立つ

ミッドチークの骨の上に皮膚が乗っているので、もともとミッドチークが低い人は、高い人に比べてお肉が下がりやすい傾向があります。

「脂肪の量」と目の下のたるみの関係

  • もともと脂肪が多い人→加齢とともに、たるみが目立つ
  • もともと脂肪が少ない人→加齢とともに、凹みが目立つ、クマやくぼみの線が目立つ

目の下には、「眼窩脂肪(がんかしぼう)」と呼ばれる脂肪があります。この眼窩脂肪の量は人によって違い、脂肪が多いと目の下のふくらみやたるみが目立ちやすくなります。

逆に、眼窩脂肪が少ないと、目の下の凹みやクマ、目元の下に入る線が目立つようになります。この目の下の脂肪が多いか少ないかで、40代になり、目の下にあらわれる症状が異なってくるのです。

さらに40代では、次に紹介する要因も絡んできます。

加齢に伴い、中顔面のお肉が下がり、たるみや凹みが強調される

加齢とともに、目元だけではなくお顔の全ての皮膚がたるんできます。顔全体のハリやツヤ、頬のお肉の位置、瞼のたるみ、フェイスライン、すべてが若い頃とは違うのです。

そもそも40代になるとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞の生成が低下。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少することで肌のハリや弾力が保たれず、たるみが出るように…。 

また、コラーゲンやエラスチンは、紫外線によってもダメージを受けるので、若い頃から浴び続けてきた紫外線の蓄積ダメージが、40代になってシミやしわ、たるみとなってあらわれてきます。 そこへ追い打ちをかけるかのように肌の潤いの機能も低下、乾燥も若い頃に比べひどくなります。

「目元のたるみ」だけが
あなたを老けさせて見せているのか?

40代の目の下のたるみやクマで悩む女性

目の下の凹みやクマが目立つ方は、寝不足に見られたり、「疲れてる?大丈夫?」と心配されたり、年齢以上に老けてみられることが多いと思います。ゆえに、目元のたるみやクマ、凹みばかりを気にして、この目元のたるみ、ふくらみが解消されたら、若かった頃のような自分に戻れると思っていませんか。果たして、本当にそうなのでしょうか。

つい目元のたるみやふくらみだけが悪いと思いがちですが、あなたの印象を決めているのは顔全体です。

目元のふくらみが気になるからと言って、脱脂術(脂肪を取リ除く施術)をしたところで、のっぺりとした平坦な顔になってしまうだけなのです。これでは、何の為に目の下のたるみ治療を受けたのかわからなくなってしまいます。若々しい印象になるためには、目元だけでなく、顔全体のバランスが重要なのです。

では、一体どうしたらいいのか?と思ったあなた。こちらのページで、目の下たるみ治療のスペシャリスト、ドクター近藤が詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

たるみ治療のスペシャリスト
近藤の解説を見る

40代になると現れる、目の下のたるみの症状は?

筋力の衰えにより、たるみがより顕著に…

30代の時よりも筋力も衰えてくる為、支えきれなくなった脂肪がたるみになります。 筋力の衰えは、表情筋はもちろん、眼球を支える筋肉についても同様で、眼球を支える筋肉が衰えると、眼球の下にある眼窩脂肪が前に出てしまい、目の下のたるみとなってあらわれてきます。

涙袋のたるみが目立ち、影がクマのように見えてしまう

40代になるとたるみだけなく、目の下のクマも目立つように…。下瞼は皮膚が薄いところではありますが、もともと皮膚が薄いという方もいます。このような方は、血管が透けて見えることからクマが目立ちやすいといわれています。

また、若い頃はチャームポイントだった涙袋は年齢とともに大きくなり、やがてたるんでしまいます。涙袋が大きくなったり、たるんだりすると、それが影になって目の下が黒くクマとのようにみえてしまうのです。

顔立ちや骨格によって、たるみのあらわれ方は変わる

顔立ちや骨格によって、たるみのあらわれ方は変わってきます。丸顔の人はフェイスラインにたるみが出やすいのに対し、骨ばった顔の人はフェイスラインにはたるみが出づらいのですが、口の周りなどがたるみやすいといわれています。シャープなあごの人は、ほうれい線などにたるみがあらわれやすいと言われています。

自分の症状に合った、「目の下のたるみ治療」を知りたい人は、こちらのページで詳しく紹介しています。

目の下のたるみ(目袋)の治療法を詳しく見る

気を付けたい生活習慣

ストレスは、お肌の最大の敵と心得よ

40代になると仕事や家庭などでストレスを抱えることも多くなるかと思いますが、実は、ストレスもお肌のトラブルの最大の敵と言っても過言ではありません。ストレスを受けるとストレスホルモンが分泌。ストレスホルモンは、血管を収縮させたり、免疫機能を低下させたり、基底細胞増殖力の低下などを起こし、やがて肌のターンオーバーを乱します。すると、肌のバリア機能も低下、肌トラブルを引き起こすことにつながるのです。

また、ストレスによって喫煙量が増えたり、睡眠不足になったり、食欲不振などを起こすことがあります。喫煙、睡眠不足、栄養不足もお肌にとって悪影響なので、ストレスは抱え込まず、適度に発散させる方法を見つけるようにしましょう。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング