20代

20代でも目の下のたるみやクアに悩まされている人は多いのではないでしょうか。ここでは、若いのに目の下のたるみやクマが目立つ原因や気をつけたい生活習慣などについて紹介しています。

近藤惣一郎医師
SOグレイスクリニック御殿山 Dr.近藤惣一郎が解説若いのにたるみやクマが目立つのは、元々の顔の骨格・目の下の脂肪の量が関係します。

10代、20代でも、目の下にたるみやクマが目立つことがあります。目の下のたるみの原因は、肌にハリや弾力をもたらす成分の減少や筋肉の衰えなど、加齢による原因もあるのですが、20代の場合は加齢よりも生まれつき持っている先天的な要因(ミッドチークの骨(頬の内側の骨)の高さ、眼窩脂肪の量)が強いのです。

20代で目の下のたるみやクマが気になる原因とは?

ミッドチークの骨(頬の内側の骨)の高さが関係している

  • ミッドチークが高い人→そこまでほほのお肉が垂れないので、たるみが出づらい
  • ミッドチークが低い人→ほほのお肉が下がりやすい、その結果、くぼみ・凹みが目立つ

目の下の皮膚が余っているから、この皮膚のたるみさえ無くなればよいと思っている方も多いと思います。しかし、本当の原因は皮膚ではなく、ミッドチークの骨(頬の内側の骨)の高さが関係しています。さらに、このミッドチークの高さに加え、目の下のたるみやクマが気になる理由には、次の原因も関係しています。

生まれつき持っている「目の下の脂肪の多さ」が関係している

  • もともと脂肪が多い人→加齢とともに、たるみが目立つ
  • もともと脂肪が少ない人→加齢とともに、凹みが目立つ、クマやくぼみの線が目立つ

また、もともと目の下の脂肪が少ない人は、黒クマが目立ちやすいです。ただ、黒クマは凹みが影になって、クマに見えている状態だけでなく、先天的に目の下に脂肪が多い人でも黒クマが目立ちます。目の下の脂肪のふくらみが影になってクマがあるように見えるのです。

この目の下の脂肪の多さは人によって違いますが、脂肪自体は大きくなることはなく、減ることもありません。減らしたい場合は、脱脂治療を受けることになりますが、実はふくらみ以外にも多くの方に凹みも存在しています。ただ、この事実に気づいていない方が多くいるのが現状です。目の下のたるみはふくらみを解消すれば、治るものではなく、凹みも同時に解消する必要があります。

加齢とともに目の下のたるみは、より目立ち始める

目の下にたるみがある女性

20代の頃はお肌にハリもあり、筋肉も衰えていないですが、加齢とともにミッドチークの筋肉組織は下垂、中顔面のお肉も下がってしまいます。そうなると、より目の下のたるみは目立ち、老け込んでみえる一方です…。先天的なケースの場合、残念ながらセルフケアでの対処は難しいのが現実です。

そこで、目の下のたるみやクマに対する治療法について、こちらのページで詳しく紹介します。目のたるみの治療には、切るもの切らないものなどがありますので、ご自身のたるみにあった治療法を見つけてください。

気をつけたい日々の生活習慣

先天性的な理由以外で、目の下のクマやたるみを助長させる生活習慣に以下のものがあげられます。

  1. 目の使い過ぎ
  2. 肌の乾燥
  3. 紫外線のよるダメージ

まずは、目の使い過ぎ。

仕事で1日中パソコンの画面を見ていたり、プライベートなどでもスマートフォンの画面を見ている時間が多い20代。仕事にもプライベートにも忙しく、睡眠時間が減ってしまい、目を休める時間が足りないという人もいるかもしれません。

パソコンやスマートフォンの画面を見続けることは、目の周りの筋肉に大きな負担をかけます。目を酷使することで筋肉が硬くなり、血流も悪くなることで、目の周りの肌トラブルにつながりますので、注意しましょう。

そして肌の乾燥。

肌が乾燥すると潤いが不足して、カサカサとして、あまり美しい印象は与えません。逆に、肌のツヤがあるだけで、若く元気に見えるものです。冷房や暖房などで肌が乾燥しないように、日々のケアもしっかりしましょう。

紫外線も肌にダメージを与えるので、たるみの原因になります。紫外線を浴びすぎると、コラーゲンなどの弾力成分が破壊されてしまうため、ハリや弾力が低下し、たるみやすくなってしまうのです。また、紫外線を浴びると肌は乾燥しやすくなるので注意が必要です。

意識して目を休めるようにする

20代の方は、スマートフォンやパソコンを使用することが多いので、まずは目を休めることを意識しましょう。スマートフォンやパソコンを1時間使用したら、5分でも10分でも目を休める。休日はなるべくスマートフォンやパソコンを使わないなど、目にも休息を与えてあげましょう。

また、スマートフォンやパソコンの画面を見続けていると、無表情だったり、難しい表情でいることが多くなります。筋肉の衰えはたるみの原因になりますから、意識的に表情筋を動かすようにしましょう。 

インスタントやコンビニ食ばかりの乱れた食生活は辞める

忙しいから、自炊が面倒だからと、インスタント食品など、添加物が多いものや、糖質・脂質を取りすぎると、活性酸素が発生しやすくなり、目の下のたるみと言わず、顔全体のしわやたるみ、にきびなどの肌トラブルの原因になります。いつまでも若々しい顔でいられるように、食事はバランスよく、栄養が不足しないように、しっかり摂りましょう。

※目の下たるみ・クマの治療について
このサイトで掲載している目の下たるみの治療法は、保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。SOグレイスクリニックのレディエッセ注入は1本定価148,000円、TCB-R法であれば定価 498,000円です。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。TCB-R法の治療期間に関しては、TCBを行った3週間後にレディエッセ注入を行う為、すべての治療が完了するには1ヶ月程度かかります。

※目の下のたるみ治療のリスクや副作用について
術後4.5日程度で腫れは落ち着きますが、患者さんによっては内出血を生じるケースがあります。

※SOグレイスクリニックの実績について
当院は近藤院長1名がすべての施術を担当しており、記載されている近藤院長の実績がそのまま当院の実績となります。(期間:2010年4月の開院~2019年6月時点まで)

Dr.近藤惣一郎カウンセリング